ユーエスがはじめて米国株を学ぶブログ

米国株投資を始めて3年目に突入。米国株初心者が学んだことを記録していきます。

Apple

最近の気になるニュース:Amazon、Google、Appleなど

最近見かけた気になるニュースです。Amazon、Googleの独禁法調査の噂、Appleの折りたたみ型スマホなど。

ティム・クック曰く、Appleは2〜3週間に1社のペースで会社を買収している

Appleのティム・クックCEOがCNBCのインタビューに答え、同社の買収戦略について語りました。

Appleが2019年第2四半期決算を発表。サービス事業が好調で、iPhone売上も底入れの兆し。

Appleが2019年第2四半期決算を発表しました。サービス事業へのシフトが好調なようですね。

ベライゾンが世界初の携帯向け5Gサービスを開始。ネットワークにかける戦略は功を奏するか

先日にベライゾンが米国の一部都市で世界初の5Gサービスを開始しました。ライバルAT&Tとは異なる戦略が功を奏するか要チェックです。

マイクロソフトと米国陸軍との大型契約に従業員が反対表明。Google、Amazonも同様な状況におかれています。

昨年11月にマイクロソフトと米陸軍がAR技術の提供について大型契約を結びましたが、そのことに対してマイクロソフトの一部従業員が反対声明を発表しました。

ウォーレン・バフェットの最新ポートフォリオまとめ。アップル微減、銀行増加、新規投資もいくつか。

ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイのSECファイリング最新データが公開されましたので、早速ポートフォリオを確認してみましょう。

GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の決算が出揃ったので色々と比較してみました

四半期決算発表も進み、GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の決算が出揃ったので比較してみました。

Appleが2019年第1四半期決算を発表。結果は予想を上回るも、先行きはまだまだ明るくない?

Appleが2019年第1四半期決算を発表しました。1月頭に下方修正を発表していましたが結果はどうでしたでしょうか。

アップル・ショックでサプライヤーの株価も大幅下落!主要な米国上場銘柄の一覧と下落率

アップルがQ1の売上高を下方修正したことでアップル株は大幅下落しましたが、その影響はアップルに部品等を供給するサプライヤーも直撃してしまいました。

アップル、テスラ、ネットフリックスにネガティブニュースで株価下落の懸念

昨日からオープンした米国株市場ですが、気になるニュースが早速飛び込んできましたね。。

書籍『サブスクリプション』は投資家にとっても学ぶことが多い。Adobeの事例に見るAppleとの共通点とは

最近読み始めた『サブスクリプション』が面白いです。投資家目線でも学ぶことは多いと思います。

AppleがiPhone販売台数を非公開にしたワケ。Appleはビジネスモデルの変革期に入っている

Appleは先日の決算で今後はiPhoneやiPad等の販売台数を非公開にすると発表しました。このことは彼らの今後のビジネスモデルを占うものかもしれません。

【AAPL】Appleの2018年Q4決算は収益OK!でもホリデーシーズンの見通しが弱く株価は急落!

FAANG銘柄の決算のトリをつとめるAppleがQ4決算を発表しました。

個別株は全部売却!ここから心機一転して米国株投資を続けます

ここ最近の米国株価の下落もあり、一度個別株を全部売却して心機一転することにしました。

連日の米国株価下落にともない、さらに保有銘柄を利確しました

連日の株価下落が気になるところですが、昨日に続き今日も保有銘柄を一部利確しておきました。

米国株の流れが変わったのかも?一旦、投資銘柄を整理しました。

ここまで好調さをキープしてきた米国株ですが、風向きが変わり始めているのかもしれません。

【SONO】日本上陸も果たしたスマートスピーカーSonosが上場後初の決算発表。その結果は・・・

スマートスピーカーやホームシアター向けなどの家庭用スピーカーを手がけるSonosが上場後初の四半期決算を発表しました。

バフェット氏は四半期でアップル、ゴールドマン・サックス等を追加購入

バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが4〜6月期に売買した銘柄が明らかになりましたので早速確認してみましょう。

【祝1周年!】米国株ブログを始めてから1年たってました。せっかくなのでアクセス数トップ10の記事を振り返ります

米国株への投資に興味を持って始めた当ブログですが、今月頭に気づけば1周年を迎えていました。せっかくなのでこの1年間でのアクセス数の多かった記事を振り返ってみたいと思います。

【SPOT】Spotify(スポティファイ)が決算後に株価急落!業績見通しが弱気なのか、投資家の期待が高すぎるのか

Spotify(スポティファイ)が先月の上場以来はじめての四半期決算を発表しましたが、その後に株価が急落してしまいました。彼らの業績見通しが慎重なものだったためと見られますが、投資家の期待もちょっと高すぎるのかもと思いました。

【IBM】ウォーレン・バフェット氏、ついにIBM株を全て売却

先日にアップル株を買い増ししていたことが明らかになったバフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイですが、その後のインタビューで既にIBM株を全て売却済みであることを明かしました。

【AAPL】ウォーレン・バフェット氏、2018年Q1にアップル株を7,500万株追加購入していた!

アップル株の保有者としても有名なウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイですが、2018年の第1四半期中にさらに追加でアップル株に投資していたようです。

【AAPL】アップルが2018年第2四半期決算を発表。iPhone依存脱却の鍵は好調なサービス事業?

アップルが第2四半期(1〜3月期)決算を発表しました。心配していたiPhoneの販売台数も好調でしたね。またサービス事業の高成長ぶりが印象的でした。

【FAANG】「Facebook&Google」と「Amazon&Apple&Netflix」を分かつもの。ビジネスモデルの転換は遠くない?

FAANG銘柄としてラインナップされるFacebook、Amazon、Apple、Netflix、Google(Alphabet)のビジネスモデルの違いについてです。

アップル(AAPL)の決算発表前に周辺企業の悪いニュースが続いています。。

5月1日はアップルの2018年第2四半期の決算発表です。アップル株ホルダーとしても決算には期待していますが、周辺の企業決算から悪いニュースが続いているのが気になります。

スマートスピーカー競争は2強時代ですが、勝敗はより有益なデータを持つ側に軍配があがる?

Amazon Echoから始まったスマートスピーカーの市場競争ですが、今のところはAmazonとGoogleの2強時代となったようです。特に音声技術の発展に必要なデータをどれだけ多量に用意できるかが競争のカギになりそうです。

【配当金】2018年2月の配当金まとめ

2018年2月の配当金と関連記事のまとめです。

【AAPL】アジア市場で苦戦するアップルのiPhone。その理由は大きく3つあるようです

先日発表の四半期決算で過去最高益を発表したアップルですが、これからしっかり開拓しなければいけないアジア市場での苦戦が報じられています。iPhone Xのリリースによる好調そうなスタートを切ったかに見えましたが、なぜアジア市場では受け入れられていな…

2017年の世界の配当金総額は1兆2500億ドル!最も多くの配当金を払った会社とは?

2017年も色々な投資銘柄からの配当金を受け取りましたが、世界の配当金総額はなんと1兆2500億ドルにもなっていました。2018年も配当金総額は増加する見込みのようです。昨年に最も多くの配当金を払った会社はどこだったのでしょう?

2017年12月末でのウォーレン・バフェット氏の銘柄売買。ガッツリ売られたのはIBM・・・

バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイがSECに提出した内容から2017年12月末時点の売買銘柄を見てみましょう。今回、ガッツリと売られたのはIBMでした。3ヶ月前の提出時もIBMは大きく売られていましたね。