ユーエスがはじめて米国株を学ぶブログ

米国株投資を始めて早1年。米国株初心者が学んだことを記録していきます。

【WMT】ウォルマートの第2四半期決算は予想を上回る好決算で株価も高騰!

スポンサーリンク

f:id:us_stock_investor:20180816234117j:plain

ウォルマートが2019年第2四半期決算を発表しました。内容は予想を上回る好決算で、株価も10%近く高騰しました。

 

 

ウォルマートの2019年第2四半期決算

  • EPS:1.29ドル(予想:1.22ドル)
  • 売上高:1,280億ドル(予想:1,258億ドル)
  • ガイダンス:2019年通期 EPS 4.90〜5.05ドル(予想:4.81ドル)

ウォルマートの第2四半期決算はEPS・売上高・ガイダンスの全てでコンセンサス予想を上回る好決算でした。

 

EPSのガイダンスは前回の4.75〜5.00ドルから引き上げられました。また米国の既存店舗売上高のガイダンスも前回の+2%から+3%に引き上げられました。 予想を上回る成長を見せていますね。

 

Q2での米国既存店舗の売上高成長率は+4.5%でした。ここ十数年で最も高い成長率を示したとのことです。食料品、アパレル、季節商品が特に好調でした。

 

米国内のEコマースは+40%の売上高成長でした。現在のところ、2019年通期でのEコマース売上高+40%は達成見込みとのことです。

 

今回の好決算を受けて、ウォルマートの株価は10%近く高騰しました。

f:id:us_stock_investor:20180817001922p:plain

 

売上高と成長率の推移

f:id:us_stock_investor:20180817002000p:plain

ウォルマートの四半期ごとの売上高と成長率の推移です。

今回の2019年Q2決算では成長率は+3.8%でした。前四半期からは少し下げましたが、1年前と比べると4%前後を維持できているのが分かりますね。

ここ1年はこの水準で成長しており、ここから更に成長率を挙げられるかがポイントですね。

 

米国の既存店舗の状況

f:id:us_stock_investor:20180817002518p:plain

米国の既存店舗の状況を、売上高と来店者数の成長率で見てましょう。

まず目を引くのが今回の急成長ぶりですね。売上高が+4.5%、来店者数が+2.2%と、過去の水準と比較しても大きく伸びています。

温暖な気候により、季節商品のガーデニング用品やアパレルなどがよく売れたそうです。

第1四半期の決算では寒冷な気候により客足が遠のいていましたから、ようやくお客が戻ってきたということでしょうね。

www.us-stock-investor.com

 

<スポンサーリンク>

 

 

米国Eコマースの売上高成長率

f:id:us_stock_investor:20180817003837p:plain

ウォルマートが対Amazonで力を入れているEコマースの成長率推移です。

一時は成長率が大きく下降していましたが、今回の+40%の達成で上昇トレンドが見えてきましたね。

もともと、2017年10月の投資家説明会の場で会計年度2019年にEコマース売上高が+40%になると宣言していましたが、この調子で行けば達成可能とのことです。

f:id:us_stock_investor:20180817004245p:plain

www.us-stock-investor.com

 

2019年度は第4四半期の2018年11月〜2019年1月期で終わりですので、達成できたかどうかを楽しみにしておきましょう。

 

関連記事

www.us-stock-investor.com

 

 

週刊ダイヤモンド 2018年8/11・8/18合併号 [雑誌]

週刊ダイヤモンド 2018年8/11・8/18合併号 [雑誌]