ユーエスがはじめて米国株を学ぶブログ

米国株投資を始めて早1年。米国株初心者が学んだことを記録していきます。

景気後退への備え:生活必需品銘柄とヘルスケア銘柄の決算はどんな感じ?

スポンサーリンク

f:id:us_stock_investor:20190126215820j:plain

今週は多くの企業が四半期決算を発表しましたね。その中からディフェンスに定評のある生活必需品とヘルスケアの決算を確認してみます。

 

 

忍び寄る景気後退の足音?

 

今週は米国の中古住宅販売件数の12月実績が公表されました。

内容は悪かったですね。12月の販売件数は499万件で、市場予想の525万件を下回りました。

また11月の販売件数と比べて-6.4%、前年同期比では-10.3%と大きく下がりました。

 

普通、住宅を購入する場合はローンを組むと思いますが、これから景気が悪くなるかもと感じていたらローンを組んでまで住宅を購入する人は多くないですよね。中古住宅件数が下がっていることは、消費者の意識として景気への不安が高まっているとも言えます。後は金利の影響ですね。

 

NARの公表データによる中古住宅販売件数と中古住宅価格の推移です。

www.nar.realtor

中古住宅販売件数

f:id:us_stock_investor:20190126222021p:plain

販売件数は2018年に入ってから少しずつ下落傾向になってきてますね。

 

中古住宅価格

f:id:us_stock_investor:20190126222133p:plain

中古住宅価格も2018年の6月頃から下落傾向のようです。

以前に「資産効果」について紹介しましたが、人は資産価値が上がるほど自分が豊かになったと感じて消費行動が活発になり、景気の先行きにも前向きになるそうです。中古住宅価格が下がり続けるとそれとは反対に消費行動の抑制と先行き不安に繋がります。

参考記事

www.us-stock-investor.com

 

このように中古住宅販売件数の傾向を見てみると、じわじわと景気後退が身近になっているように感じますね。

 

<スポンサーリンク>

 

 

景気後退への備えとしてディフェンシブ銘柄の決算を確認

前にもディフェンシブ銘柄を模索した記事を書きました。今回は四半期決算が揃ってきたことから、その結果をみて投資候補を検討したいと思います。

www.us-stock-investor.com

 

ディフェンシブ銘柄としては、生活必需品、ヘルスケア、公益が代表的ですね。公益株はまだ決算が出揃っていないので、今回はまず生活必需品とヘルスケアの主な決算を確認します。

 

生活必需品のQ4決算

<決算の良かった銘柄>

  • P&G
  • ラム・ウェストン 

 

<決算の悪かった銘柄>

  • キンバリー・クラーク
  • マコーミック
  • コルゲート・パーモリーブ

生活必需品ではP&Gとラム・ウェストンが決算良かったですね。

ただP&Gについては記事にまとめましたが、高級スキンケア製品が頼みの状況が景気後退時にどうなるかがちょっと不安です。ガイダンスを見ても今年は売上の成長はほぼ無さそうです。

www.us-stock-investor.com

 

決算が悪かった銘柄の中でもマコーミックは大きく株価を下げてました。前に記事でも触れたとおり上昇トレンドの株価と31年の連続増配が魅力な銘柄でしたが、今回の結果を見て投資はちょっと保留にしておこうと思います。 

 

ヘルスケアのQ4決算

<決算の良かった銘柄>

  • ユナイテッドヘルス・グループ 
  • ブリストル・マイヤーズ スクイブ

 

<決算の悪かった銘柄>

  • ジョンソン&ジョンソン
  • アボット・ラボラトリーズ
  • インテュイティヴ・サージカル
  • アッヴィ

好決算はユナイテッドヘルス・グループとブリストル・マイヤーズスクイブでした。ユナイテッドヘルス・グループは私の投資銘柄ですね。今回の好決算を受けて追加投資済みです。

ヘルスケア銘柄は決算の悪い銘柄が多く出てきている印象ですね。ジョンソン&ジョンソンは四半期決算自体は良かったですが2019年のガイダンスが悪かったです。

www.us-stock-investor.com

 

製薬のアボット、バイオ医薬のアッヴィ、手術ロボットのインテュイティヴ・サージカルも決算が良くなかったです。インテュイティヴ・サージカルは製薬系以外の投資先にと考えていましたが、今回の決算により投資は先送りですね。

 

投資銘柄を決めるにはもう少し決算発表を待ちたい

ここまでの決算発表ではまだ気になる銘柄は個人的には見当たりませんでしたね。

生活必需品については来月に決算発表する予定のコカ・コーラとペプシコの決算に期待したいと思います。

タバコ銘柄は個人的にはリスキーと考えてますので、たとえ好決算でも投資はしないですね。

www.us-stock-investor.com

 

ヘルスケアについて期待しているのはファイザー、メルク、メドトロニック、アビオメッドなどでしょうか。ただ製薬関連はそれ自体が高リスクとも感じ始めてますので、いっそのことヘルスケアセクターのETF(VHTなど)に投資するのはいいかなと思っています。こちらも今後の各社の決算次第ですね。

 

 

ティリングハストの株式投資の原則 ??小さなことが大きな利益を生み出す (ウイザードブックシリーズ272)

ティリングハストの株式投資の原則 ??小さなことが大きな利益を生み出す (ウイザードブックシリーズ272)

  • 作者: ジョエル・ティリングハスト,長尾慎太郎,藤原玄
  • 出版社/メーカー: パンローリング株式会社
  • 発売日: 2018/12/16
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る