ユーエスがはじめて米国株を学ぶブログ

はじめて米国株投資にトライしたい米国株初心者が学んだことを記録していきます。

ディズニーがNetflixへの新作映画の配給を取りやめ予定?動画ストリーミングサービスの競争激化へ

スポンサーリンク

f:id:us_stock_investor:20170809095321j:plain

ディズニーは動画ストリーミングサービス最大手のNetflixへの新作映画の配給をやめる計画とのことです。ディズニーによるこの動きは動画ストリーミングサービスの競争激化への布石でしょうか。

ディズニーがNetflixへの動画配給をやめる理由

www.investopedia.com

上記記事によると、ディズニーは2019年に自社独自の動画ストリーミングサービスを開始予定とのことで、そのスケジュールに合わせて2019年以降の新作映画の配給をやめる計画のようです。

 

2018年終わりまでは継続してディズニー作品をNetflixで観れるようですが、2019年以降はどうなるのでしょうね。全作品をNetflixから引き上げるのか、旧作だけは配給し続けるのか、それによってディズニーが始めようとしている動画ストリーミングサービスとの競争が大きく変わりそうです。

 

ディズニー傘下のスポーツ専門チャンネルESPNは2018年に独自の動画ストリーミングサービスを開始予定とのことですから、ディズニーグループ全体として自社コンテンツは抱え込んだ上で新サービスを展開する計画みたいですね。

 

ディズニーの動画ストリーミングサービスへの参入は、少なくとも2016年には既に計画されていたようです。

jp.techcrunch.com

ディズニーが投資をしたBAMTechという動画ストリーミング技術の会社が2019年の新しいディズニーの動画ストリーミングサービスも担当するようです。ディズニーは15.8億ドルでBAMTech株式を追加購入しました。

 

ディズニーに勝算はありそう?

f:id:us_stock_investor:20170809101620j:plain

既に圧倒的な地位を気づいたNetflixとAmazon Prime Videoを相手に、ディズニーの新しい動画ストリーミングサービスに勝算はどれくらいあるのでしょうか。

 

ディズニーの魅力は当然そのコンテンツですよね。他のサービスへの新作映画の配給を停止することで、人気作の続編に関してはディズニーのサービスだけで観ることができるとなれば大きなアドバンテージに思います。記事によればトイ・ストーリー4やアナと雪の女王の続編などを2019年以降に配信していくだろうとのことです。世界的なヒットが約束されている作品なだけに、ディズニーの独占配信はインパクトがありそうです。

 

<スポンサーリンク>

 

 

将来の動画ストリーミングサービスの勢力図はどうなる?

大手のサービス同士で激しい競争は続くでしょうが、スポーツを見るならESPNでアニメなどはディズニーでと、上手く住み分けできている可能性もあるかもしれませんね。こうした専門ストリーミングサービスの流れはディズニー以外にも波及するのでしょうか。

 

ただ視聴者としては、見たいコンテンツごとにサービスを契約しなければならないのはちょっと苦痛に感じます。できれば一つのサービスで済ませたいと思う人は少なくないでしょうから、結局はNetflixやAmazonを利用し続けるケースが多いかもしれませんね。