ユーエスがはじめて米国株を学ぶブログ

はじめて米国株投資にトライしたい米国株初心者が学んだことを記録していきます。

【四半期決算】マスターカード、アリババ、アルトリア・グループなどなど

スポンサーリンク

f:id:us_stock_investor:20180131142312j:plain

内容が楽しみな四半期決算が続きますね。今回はマスターカード(MA)、アリババ(BABA)、アルトリア・グループ(MO)などの四半期決算を取り上げます。

 

 

マスターカード(MA)

Mastercard beats by $0.02, beats on revenue - Mastercard, Inc. (NYSE:MA) | Seeking Alpha

  • EPS:1.14ドル(予想を0.02ドル上回る)

  • 売上高:33億ドル(予想を4000万ドル上回る)

マスターカードの四半期決算はEPS・売上高ともにコンセンサス予想を上回りました。

売上高は前年同期比で+18%の伸びで、総決済額もワールドワイドで13%の成長でした。

f:id:us_stock_investor:20180202004356p:plain

 

カード発行枚数も5%の成長を見せました。全体的に好調な内容のようですね。

f:id:us_stock_investor:20180202004535p:plain

 

アリババ(BABA)

Alibaba misses by $0.04, beats on revenue - Alibaba Group Holding Limited (NYSE:BABA) | Seeking Alpha

  • EPS:1.63ドル(予想を0.04ドル下回る)

  • 売上高:127.6億ドル(予想を4億ドル上回る)

アリババは売上高がコンセンサス予想を上回るものの、EPSが予想に届かずでした。

一方で2018年の売上高成長見込みを55%〜56%に引き上げました。(前の見込みは49%〜53%)

四半期決算自体は、売上高が前年同期比で56%の成長、クラウドコンピューティングは104%の成長と、非常に好調に見えますね。クラウドの成長率だけ見ると、先日発表のマイクロソフトAzureの成長率(98%)を上回ります。

f:id:us_stock_investor:20180202010005p:plain

 

アルトリア・グループ(MO)

Altria beats by $0.11, misses on revenue - Altria Group, Inc. (NYSE:MO) | Seeking Alpha

  • EPS:0.91ドル(予想を0.11ドル上回る)

  • 売上高:47.1億ドル(予想を9,000万ドル下回る)

  • ガイダンス:2018年EPS 3.90-4.03ドル(予想:4.20ドル)

アルトリア・グループはEPSは予想を上回りましたが売上高・ガイダンスは予想に届きませんでした。マルボロなどの紙巻きタバコの出荷数を見ると、四半期の前年同期比で-8.9%、年間の比較でも-5.1%となっていました。やはり米国の紙巻きタバコ販売は下降気味ですね。

f:id:us_stock_investor:20180202012325p:plain

 

一方でスモークレス・タバコの売上は好調だったようで、四半期では前年同期比10.4%の伸び、年間では5.1%の伸びでした。スモークフリーなタバコへの需要が増していますね。

f:id:us_stock_investor:20180202012953p:plain

 

売上高全体としては、紙巻きタバコ等のSmokable Productsが-3.2%の52.81億ドルとなり、トータルで-2.4%の61.01億ドルとなりました。紙巻きタバコへの逆風に立ち向かうために、早期にIQOSの米国販売が認可されると良いのですが。

f:id:us_stock_investor:20180202012206p:plain

 

なお、アルトリア・グループはCEOのMarty Barrington 氏が今年の5月に引退することと、新たに10億ドルの自社株買いプランを発表しております。

 

バレロ・エナジー(VLO)

Valero Energy beats by $0.08, beats on revenue - Valero Energy Corporation (NYSE:VLO) | Seeking Alpha

  • EPS:1.16ドル(予想を0.08ドル上回る)

  • 売上高:264億ドル(予想を46.6億ドル上回る)

石油業界の下流部門に特化したバレロ・エナジーはEPS・売上高ともにコンセンサス予想を上回る内容でした。株主としては一安心です。

と思ったら株価は下落してしまいました。好材料が出尽くしたのか、原油価格等の外部要因なのか、石油業界は先を読むのが難しいですね。

f:id:us_stock_investor:20180202015213p:plain

 

コノコ・フィリップス(COP)

ConocoPhillips EPS in-line, beats on revenue - ConocoPhillips (NYSE:COP) | Seeking Alpha

  • EPS:0.45ドル(予想と一致)
  • 売上高:87.4億ドル(予想を11.5億ドル上回る)

スーパーメジャーの一角であるコノコ・フィリップスはEPSは予想と一致ですが売上高が大きく予想を上回りました。

ここ最近は不調が続くエネルギー業界ですが、エクソン・モービルやシェブロンといった他のメジャー企業も売上高が伸びているのか、気になるところです。

 

 

ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)

United Parcel Service beats by $0.01, beats on revenue - United Parcel Service, Inc. (NYSE:UPS) | Seeking Alpha

  • EPS:1.67ドル(予想を0.01ドル上回る)

  • 売上高:188.3億ドル(予想を6.4億ドル上回る)

貨物運送会社のユナイテッド・パーセル・サービス(UPSの方が馴染みがありますね)は、EPS・売上高ともにコンセンサス予想を上回りました。

この四半期でUPSは15億個もの荷物(前年同期比で+5.7%)を配送したそうです。想像の付かない数ですね。

一方で、米国での配送についてはホリデー・シーズンの配送量がキャパシティを超えた結果、追加コストが1.25億ドル発生して利益に影響を与えたとのことです。日本の配送会社と似たような状況に陥っているようですね。

それを受けてか、UPSは株価が下落しております。何かしらの対策を講じないと、再び同じ問題が起きそうです。

f:id:us_stock_investor:20180202022428p:plain

UPSは65億〜70億ドルの予算で、飛行機や新技術開発などに投資することを発表しています。